AWS API Gatewayのリソースパスを変更するGUI

AWS API Gatewayでリソースパスを変更するのにCLIを使うのが非常に面倒くさかったので
Vue.jsとAWS-SDKを使ってGUIを作りました。

GitHubで公開してます。
https://github.com/sabacan509/aws-apigw-path-replacer

利用手順:
1. AmazonAWSGatewayAdminictrator権限を持つIAMユーザーを作成する。
※ユーザー作成の際はアクセスの種類で「プログラムによるアクセス」をチェックしてください。

2. IAMのアクセスキーおよびシークレットを使って
ローカルマシン上の[ユーザーフォルダ]/.aws/credentialsファイルに以下の内容を追記します。

[aws_apigw_path_replacer]
aws_access_key_id=xxxx   ... your Access key
aws_secret_access_key=yyyy   ... your Secret

3. GitHubから資材をクローンして実行します。

git clone https://github.com/sabacan509/aws-apigw-path-replacer.git
cd aws-apigw-path-replacer
npm install
npm run build
npm run express:run

4. ブラウザで開きます。

http://localhost:3000/

5. 開いた画面から各自がAPI Gatewayを作成しているリージョンを指定してログインしてください。

リソース名をクリックで名前を変更。
ドラッグ&ドロップで階層を変更できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。