codecommit_catch

AWS CodeCommit+TortoiseGitで”libgit2 returned invalid path”エラー

バージョン管理を自分で運用していたGitサーバからCodeCommitに移行。

噂によると5ユーザーまでは無料なんですって。

あらやだ。( ゚д゚) (゚д゚ )

とりあえず作業の前に以下のソフトウェアが必要です。

・AWS CLI
・Git/TortoiseGit

 

手順

1.まずはAWSのCodeCommitにリポジトリ作成します。

2.そしてConnectボタン押して表示されるこの画面の指示に従ってやっていきます。

※今回はHTTPSでのアクセスを対象とします。

3.途中、IAMユーザー必要って言われてるんでAWSコンソールから新しくGit用のユーザ作ります。
IAMサービスに移動して、左側のメニュー→ユーザー→ユーザの追加
アクセスの種類・・・プログラムによるアクセス
グループ作成してユーザーにアタッチします。
グループには権限としてAWSCodeCommitFullAccessを追加してください。
作成してできるアクセスキー IDとシークレットキーはコマンドプロンプトから
aws configure
とした際に促されるキー/パスワードです。

4. 再度AWSコンソールから作成したIAMユーザをクリック。
認証情報タブに移動します。
下のほうにあるAWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報で生成ボタンを押します。

これでGitチェックアウト時に必要なユーザ/パスワードが作成されます。
これが
git clone
する時、もしくはTortoiseGitのSettings > GitのNameに設定すべきユーザ名です。

git cloneが出来たら、TortoiseGitからadd → commit → pushしてみます。

すると、

“libgit2 returned invalid path”

と赤文字で出てエラー終了。


なんじゃこりゃぁああああっ!!
(ノ`Д´)ノ.:・┻┻

 
 

という心の叫びを抑えつつ、落ち着いてGoogle検索します。

なんとバグでした。

https://gitlab.com/tortoisegit/tortoisegit/issues/2911

ってなわけで上記リンクの下の方にあるHotfixを当てます。
https://download.tortoisegit.org/tgit/2.4.0.0/TortoiseGit-2.4.0.1-Hotfix.exe

すると、ふつうにpushできましたね。やりました。

先人の方のおかげです。ありがたや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です