AWS環境にVNC接続する

AWS環境にVNC接続するための簡易構築方法を書く。

まず、起動するインスタンスだがAWS Linuxは標準でGUI環境を無効化している。

いろいろと面倒なのでUbuntu Linuxを起動する。

※インスタンスのグレードはt2.microでもとりあえず動いた。

Ubuntuが起動したら以下の手順でVNCサーバを起動する。

# sudo su  ルートユーザになる
# apt-get update 最新のモジュールを取得
# apt-get install vnc4server
# vncserver
  パスワードを決める
# netstat -an | grep 5901  以下のような表示がされること。
tcp6 0 0 0.0.0.0:5901 0.0.0.0:* LISTEN
# vi /root/.vnc/xstartup
以下2行をアンコメント
unset SESSION_MANAGER
exec /etc/X11/xinit/xinitrc
実行権限を付加。
# chmod +x /etc/X11/xinit/xinitrc
# vncserver  起動する。

サーバーの停止は
# vncserver -kill :番号

VNCビューワーをクライアントのマシンにインストールしてアクセスする。
今回はReal VNCを使った。
アクセスする際のURLに以下のように入力。
サーバーのIPアドレス:5901

パスワードを聞かれるので入力すると画面が表示される。

vnc

※上記、接続がうまくいかない場合はAWS側のEC2におけるセキュリティグループの設定で5901ポートがアクセスできるようになっているか、など確認。

ただ、上のような殺風景な画面だとGUIの意味がない。

gnomeを入れる。

# apt-get install gnome-core gdm

gnomeのGUIが表示されるようVNCサーバの設定を変更する

# vi /root/.vnc/xstartup
以下をコメントにする。
#exec /etc/X11/xinit/xinitrc
...
#vncconfig -iconic &
#x-terminal-emulator -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
#x-window-manager &a
以下を追記。
exec gnome-session &
gnome-panel &
gnome-settings-daemon &
metacity &
nautilus -n &
gnome-terminal &

日本語表示化

# apt-get install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
# apt-get install lxde fonts-ipafont-gothic

再度、Real VNCビューワーでアクセスしてみる。
vnc02

一応、目的は達成。

後は日本語の入力が課題か・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。